フランチャイズ【全まとめ】意味・英語・仕組みは?メリット・デメリット・失敗・初期費用やロイヤリティ・契約は?本部と加盟店・業種・業態・評判・人気・展示会・無料 募集方法まで全てわかる!

フランチャイズとは?意味・英語・仕組みは?

フランチャイズとは、フランチャイズチェーンとも言い、フランチャイズ本部(フランチャイザー)とフランチャイズ加盟店(フランチャイジー)によって構成されるビジネスの形態です。

フランチャイズ本部(フランチャイザー)は、自社本部で開発したビジネスを運営する権利をフランチャイズ加盟店(フランチャイジー)に与え、ノウハウの提供や運営のサポートを行います。

フランチャイズ加盟店(フランチャイジー)は、フランチャイズ本部(フランチャイザー)から提供されたビジネスやそのノウハウに沿って、事業運営することで成功率の高い事業運営をすることが出来ます。

「フランチャイズ」英語では「franchise」略語として「fc・FC」などと表記されます。


「フランチャイズ」の意味や定義をさらに

一方が自己の商号・商標などを使用する権利、自己の開発した商品(サービスを含む)を提供する権利、営業上のノウハウなど(これらを総称してフランチャイズパッケージと呼ぶ)を提供し、これにより自己と同一のイメージ(ブランド)で営業を行わせ、他方が、これに対して対価(ロイヤルティー)を支払う約束によって成り立つ事業契約

出典:wikipedia「フランチャイズ」

 

「本部」が「加盟店」に対して自社商品の販売権、営業手法やブランドの使用権などを認め、統一ブランドのもとに営業を展開、そのようにして加盟店が得た利益の一部を本部が対価として受け取る、といったビジネスモデル。

出典:新語時事用語辞典

 

親企業(フランチャイザー)が加盟店(フランチャイジー)に与える、一定地域内での営業販売権。

出典:三省堂大辞林

 

(チェーン店などに)一手販売権を与えること。また、その権利。

出典:精選版 日本国語大辞典


フランチャイズ契約とは?

フランチャイズビジネスでは、フランチャイズ本部が運営するビジネスに加盟する加盟契約を締結することで、本部からロゴや屋号といった商標を使用する権利、仕入れ等の調達、運営のノウハウやサポートの提供を受けることが出来ます。各ビジネスや契約の種類によって、詳細の内容は異なりますが、基本的に全ての加盟店が本部と同一の契約をすることになりますが、必要に応じて、個別の覚書などの契約を締結し、より個別の案件に適切な契約を結ぶことになります。


初期費用・加盟金・ロイヤリティとは?

初期費用は、加盟するビジネスにより名目や金額は異なりますが、安くて数万円、通常数十万円~数百万円まで加盟金、店舗の準備や調達、研修の費用が掛かります。

加盟金・保証金とは?

フランチャイズと言えば、よく耳にする「ロイヤリティ」。

「ロイヤリティ」とは、特別なノウハウ、商標等フランチャイズ本部の保有するそのビジネス固有の成功するための要素を使用することに対する対価として支払う料金になります。

ロイヤリティの金額は、定額のものから、売上げに対するパーセンテージ%を支払うもの、加盟するビジネスによって異なります。契約時によく確認するようにしましょう。

ロイヤリティとは?

 


フランチャイズのメリット・デメリット

フランチャイズのメリット

通常ゼロからビジネスを始める時、自分でどんな商品やサービスを取り扱うのか決め必要に応じて、開発から始めることとなります。開発は思い立ってすぐ出来るものではなく、だけで数か月、数年、場合によっては数十年等掛かることもあります。ようやく商品やサービスが出来上がっても、今度はどのような方法でそれを提供するのか、その準備、飲食店などの場合、店舗の設計や建築、居ぬきの場合改装などにまた数か月を要します。

その後人材の確保をして、開業をしても、すんなりとお客様来てくれません。開業後、集客の壁にぶつかります。そうした課題を解決する間にも運転資金が供給できなくなり、資金がショート。夢みたお店を数か月で閉店するというのは非常に多くの経営者が陥る独自開業の一番よくあるパターンです。

仮に上手く事業が続けられても、人材が増えるにつれ、人材への研修やマニュアルの策定や改善、商品やサービスの品質の維持、客離れを防ぎ継続的に注目を集めるために、新たな商品やサービスの開発等も必要になります。時間、労力、手間、自分で事業を行うというのは、並大抵の覚悟や能力で出来ることではありません。

一方、フランチャイズでビジネスを始めると、既にそれまでの事業上の課題を克服し、かつ成功したビジネスで事業を開始することが出来るため、時間、労力、手間、リスクを気にせずにより確実に事業運営をすることが出来ます。

多くの経営者や独立開業を考える方がフランチャイズをビジネスとして検討するのには、大きな理由があります。

 

フランチャイズメリットまとめ

1成功したビジネスを運営できる。
2未経験でも経営が出来る
3事業運営リスクや手間が減る
4独自開業より時間と労力が節約
5独自経営と比較して小資本で開始できる
6安定した仕入れ、原材料・資材の供給
7商品やサ-ビスの品質が保たれる

フランチャイズのデメリットまとめ

1 選ぶフランチャイズビジネスで経営が左右
2 本部頼みで経営努力を怠ってしまう
3 独自性が出しにくく、契約条件が一律

メリット・デメリットは?


分野・業種・業態

ビジネス・経営分野

インターネット・通信

ライフ・家庭

教育・学習・文化

飲食・レジャー

美容・健康・運動

医療・介護

小売り・流通卸

不動産・建築

金融・保険

環境・公共分野

 


フランチャイズ事業説明会・セミナー・個別相談会

フランチャイズの事業を詳しく知るには、案内される事業説明会や個別相談会に参加することが必要となります。資料をみて、分からなかった情報や、運営会社の雰囲気等を知ることが出来ます。質疑応答の時間では、必ず疑問や質問を担当者に聞いてみましょう。信頼できるフランチャイズ本部かどうか、他の加盟者の状況等出来る限り多くの情報を集めるために役立てることが出来ます。

説明会・相談会一覧


フランチャイズ展示会・博覧会

フランチャイズに関する情報を集めるのに、全国や各事業者などが展示会やショーなどを行っております。しかしながら、展示会は、多額の出店費用を要することから、あなたの見つけたいビジネスが必ず見つかるとは限りません。あなたの一生を左右することだからこそフランチャイズビジネスの情報収集や検討は当サイトのような大型のメディアにおいて、個別に資料請求をして、落ち着いて検討、さらに企業に面談を希望するなどの流れをとることが確実です。

WEB展示会・博覧会に参加


フランチャイズビジネス開始までの流れ

【1】気になるものをチェック

【2】資料請求をする

【3】説明会や相談会に参加

【4】加盟料の支払いや契約、調査、準備

【5】開業・経営スタート


フランチャイズビジネスを知る、探すなら

「フランチャイズ大百科 公式」

あなたのビジネスの目的や目標に合わせてあらゆる可能性を選択すると思いますが、「経営者として成功したい」「確実に収入を増やしたい」「失敗をしないビジネスをしたい」など経済的な繁栄を第一に考える方にとっては、フランチャイズはまさに選択すべきビジネスと言えるでしょう。

さぁ、今すぐ気になるフランチャイズビジネスをチェックして、資料請求をしましょう。

フランチャイズを探す

★同時に出品・掲載企業も募集しております、業界最安値、国内最大級のリスクのない事業拡大が可能です。お気軽にご登録、事業の飛躍にお役立てください。

出品・掲載ご希望 企業様

 

 

 

関連紹介

  1. フランチャイズ募集広告-無料掲載(0円完全無料)受付中

  2. 【非公開・先着限定案件】初期費用キャッシュバックや割引あり!ビジネスメンバーご登録(無料)

  3. 【展示会・博覧会毎日開催】フランチャイズ・事業オーナーWEB見本市・展示会・博覧会毎日開催!出品企業も募集中

  4. フランチャイズのメリット・デメリット【まとめ】注意点・失敗しない方法まで全てわかる!

  5. フランチャイズの加盟金・保証金とは?【まとめ】意味・相場・無し無料0円・算出計算方式(高い・安い)コンビニ・飲食店のケース等

  6. フランチャイズのロイヤリティとは?【まとめ】意味・相場・ロイヤリティ無し・無料0円・算出計算方式(高い・安い)コンビニ・飲食店のケース等

.