フランチャイズのメリット・デメリット【まとめ】注意点・失敗しない方法まで全てわかる!

 

【1】フランチャイズビジネスのメリット・デメリット


フランチャイズには、その発展してきた事業の数、歴史の分だけ大きなメリットがあります。また同時にそこに隠れたデメリットも存在します。今回は、フランチャイズビジネスのメリット・デメリットを学んでみましょう。

 

【2】フランチャイズビジネスのメリット


1. 商品やサービスを開発する必要がない

通常ゼロからビジネスを始める時、自分でどんな商品やサービスを取り扱うのか決め必要に応じて、開発から始めることとなります。開発は思い立ってすぐ出来るものではなく、だけで数か月、数年、場合によっては数十年等掛かることもあります。ようやく商品やサービスが出来上がっても、今度はどのような方法でそれを提供するのか、その準備、飲食店などの場合、店舗の設計や建築、居ぬきの場合改装などにまた数か月を要します。人材の教育、商品やサービスに合った販促方法なども自分で考えなくてはなりません。

→フランチャイズの場合、フランチャイズ本部によって商品やサービスは完成済み、通常、数か月、数年、数十年かかる時間、労力、手間、リスクを避けることが出来ます。

2. 未経験でも経営、事業運営が出来る

ビジネスや事業の運営、経営には、提供する商品やサービス分野の専門知識、幅広い経営知識を身に付け、消費者やお客様のニーズを理解、内部の人材を育成し、雇用し続けられるだけの能力や才能が必要となります。

→フランチャイズの場合、経験や知識がなくても、一定の開業資金があれば、フランチャイズ本部から研修やあらゆる経営に必要なものを一定レベル提供、サポートを受けることが出来るため、未経験やビジネス初心者の方でもプロの経営者同様にビジネスをすることができます。

3. 独自開業より時間と労力が節約

以上のように、独自でビジネスを立ち上げるとなると、時間と労力は想像以上です。本来人生の目的を達成するための手段であるはずの仕事ビジネス、それによって人生で一番大切な時間、数年、数十年を、そしてエネルギーを奪われてしまいます。

→フランチャイズの場合、開業資金さえ用意出来れば、それらの時間やエネルギーを失うリスクを最大限減らすことが出来ます。

4. 独自経営と比較して小資本で開始できる

独自でのビジネスを運営する場合、慣れない準備、小口の仕入れや調達であるため、同じものをする場合であっても、大手企業と同じコスト、資本で行うことはとても難しいです。現金として要しなくても、収益が上がるまでの経営者自身の人件費を考えると割りに合わない場合も非常に多くあります。

→フランチャイズの場合、フランチャイズ本部が仕入れや調達を一括で行い、商品やサービスの提供サポートを行うため、独自でビジネスを運営するよりも、小資本や低コストで経営を行うことが出来る可能性が高いです。

5. 安定した仕入れ、原材料・資材の供給

ビジネスを行うには、仕入れ、製造、人材の採用等商品やサービスを提供するための沢山の調達が必要となります。飲食店であれば、原材料、レシピ、シェフやサーバー…ただし、日本国内のみならず世界の環境や人口、各国の国民の嗜好、あらゆるビジネス環境の変化等により、調達を安定的に行うことはそう簡単なことではありません。原材料の高騰は利益を圧迫し、時にフードビジネスの命を断つだけの力をもちます。大手企業のネットワークでも困難なこと、個人店でも同じか、時にそれ以上の困難を受けることがあります。

→フランチャイズの場合、多店舗展開するため、自社の製造や原材料の生産力を持つ、大量の購入での交渉力を生かして、安く調達できるなどのメリットに加盟店はあやかることが出来ます。ゼロからそれらの調達ルートを作る労力や手間、リスクを考えると、フランチャイズは非常に魅力的です。

6. 商品やサ-ビスの品質が保たれる

ビジネスにとって商品やサービスは命です。ただし、一度思いついたから、一度提供したから、それだけでお客様が満足するだけの商品やサービスの品質が永続的に保たれる訳ではありません。マニュアルを作り、時にお客様の変化や流行に合わせて、改善する、新たに商品やサービスを投入することも、大きな意味で提供するものの品質を管理することと言えます。これらの作業を個人店で念入りに行うことはそうたやすいことではありません。

→フランチャイズの場合、商品企画や開発専門の部署、製造ライン、マネージャー等人材の配置、それらのサポートを受けることで、ビジネスの命である商品やサービスの品質を一定に保つすることが出来ます。

7. お客さんが集まりやすい、集客ノウハウがある

ビジネスを始める全ての人が経験する大きな壁は、集客です。通常、開店の仕方が良くないと、一日のお客さんが数人しかいない、最悪ゼロということもありえます。あなたの名もないビジネスに、見ず知らずの人が辿り着くことは困難だからです。お客さんは来なくてもランニングコストは掛かり、次第に経営体力がなくなり、倒産なんていうこともなくはありません。

→フランチャイズの場合、既に知られたサービス名である場合、その地域で開店したことが伝わる、道路沿いで見かけるだけで、お客さんが集まってくることも多いです。またフランチャイズ本部は商品やサービスの提供するのはもちろん、経営、事業運営全般、お客さんを集める仕組みであるマーケティング、集客についてもノウハウも提供してサポートしてくれることも多いのも、ビジネスとしては魅力的なポイントかもしれません。

8. 事業運営リスクや手間が減る、成功可能性が高い

どんなに自分の能力に自信のある人でも、ビジネスの世界は、それがすぐ成果に結びつくほど甘くはありません。自信をもって始めた方の9割以上は、必ず何らかの失敗をし、事業を諦める経験をします。場合によって多額の借金を背負い、人生を破綻させてしまう可能性すらあります。

→フランチャイズの場合、それらの困難を乗り越えて成功したビジネスを手にすることが出来るため、リスクや手間を極力減らし、成功する可能性が高いといえます。

 

【3】フランチャイズビジネスのデメリット


フランチャイズには、ビジネスを始める種として、非常に大きなメリットがありますが、デメリットが全くないわけではありません。

1. 選ぶビジネス次第、情報収集が必要

2. 独自性・オリジナリティが出しにくい

3. 本部頼みで努力をしなくなってしまう

どんなフランチャイズビジネスに参入するかによって収益や報酬が依存、経営が大きく左右されてしまうこと。既に出来上がった標準化されたビジネスのシステムを提供してもらう、一律な契約を求められることがほとんどです。試行錯誤をしたり工夫をする機会にあまり恵まれず、独自性を出すことは求められません。禁止される事項も多いため、ビジネスの面白みは少し減ってしまうかもしれません。それらは同時に、経営者としての能力は身に付きにくい、問題が起こった時に対応が出来ないということもあります。

ただし、それらのデメリットがなぜあるかというと、ビジネスの成功、収益、加盟店等の報酬を維持、増加させるため生じるものでもあります。長年の蓄積された成功のためのルール、それによって運営されるビジネスを自分のものにできるのがフランチャイズビジネスの最も魅力です。


「フランチャイズ大百科 公式」

フランチャイズビジネスを知る、探すなら

あなたのビジネスの目的や目標に合わせてあらゆる可能性を選択すると思いますが、「経営者として成功したい」「確実に収入を増やしたい」「失敗をしないビジネスをしたい」など経済的な繁栄を第一に考える方にとっては、フランチャイズはまさに選択すべきビジネスと言えるでしょう。「フランチャイズ大百科 公式」は、フランチャイズでビジネスをするあなたの味方です。

さぁ、今すぐ気になるフランチャイズビジネスをチェックして、資料請求をしましょう。

フランチャイズを探す

★同時に出品・掲載企業も募集しております、業界最安値、国内最大級のリスクのない事業拡大が可能です。お気軽にご登録、事業の飛躍にお役立てください。

出品・掲載ご希望 企業様

 

 

 

関連紹介

  1. フランチャイズ募集広告-無料掲載(0円完全無料)受付中

  2. 【非公開・先着限定案件】初期費用キャッシュバックや割引あり!ビジネスメンバーご登録(無料)

  3. 【展示会・博覧会毎日開催】フランチャイズ・事業オーナーWEB見本市・展示会・博覧会毎日開催!出品企業も募集中

  4. フランチャイズの加盟金・保証金とは?【まとめ】意味・相場・無し無料0円・算出計算方式(高い・安い)コンビニ・飲食店のケース等

  5. フランチャイズのロイヤリティとは?【まとめ】意味・相場・ロイヤリティ無し・無料0円・算出計算方式(高い・安い)コンビニ・飲食店のケース等

  6. フランチャイズ加盟店の募集方法・おすすめ・無料の募集サイト【まとめ】

.